Hatena::Grouparaistudy

iwasekiの日記

2006-11-15

[][]フィードバックと大きなミスとその復旧 はてなブックマーク - フィードバックと大きなミスとその復旧 - iwasekiの日記

フィードバック

id:czk-htnさんからまたフィードバックもらっちゃいましたよ。いつもいつもありがとうございますです。

# サブルーチン定義はmainより前に : 事前にサブルーチンは脳内スタック記憶できるが逆は無理
# qw// → qw() : //をみると反射的に正規表現として理解する
# 後置条件式を多用 : 習慣というより癖だな

勉強会(仮) - czk-htnの日記

なるほどねぇ。直接話しましたけど、1つ目はリャマ本にもちらっと書いてあるのです。

ブルーチン定義はプログラムテキストのどこに置いてもかまいませんが、CやPascalのような言語で育った人は先頭のほうに置くことを好みます。また、メインとなる処理がファイルの先頭に来るように、サブルーチン定義をファイルの最後のほうに置くことを好む人もいます。どちらにするかはあなた次第です。

あれ?C言語は逆だと思ってたんだけど、気のせいか。じゃあオレはどの言語の影響でメインを前に置くようになったんだろ?Perlの前に言語勉強をしたのって結構前だから忘れちゃった。

ともかく、先輩Perlerなid:czk-htnさんがサブルーチンを前に置いているので、右にならえ!ってことで。


2つ目はまだ正規表現を学んでないせいですね。とりあえず()を使うようにしてみます。また//を使ってたら「リャマ本見すぎ」と言ってやってください。

3つ目の後置条件式はとりあえず学ぶまでおいておこうかと思います。

大きなミスとその復旧

Perlソース部分がインデントされてませんでした。「見づらい」って言われました。そりゃそうです。ゴメンナサイ。元々はちゃんとインデントして書いてるんです。それを日記にする段階でちょっとしたミスがありました。

それを復旧するために、ついにインストールするだけしておいて使ってなかったgVimに手を出しました。id:czk-htnさんが目の前でさくっとやってみせてくれたので思わず。ということで、インデントできてなかったところを全部直しました。

  1. ソースvimコピー
  2. gg=Gを入力するとあら不思議
  3. ソースを書き換え

ggファイルの先頭に移動し、= によるインデントの修正をG(ファイルの末尾)まで行います。
=がインデントを修正するコマンドです。
デフォルトでは、C-indentingの規則にしたがって、ソースは整形されます。
詳しくは、:help =

vimエディット編

この勢いでvimどんどん使ってみよう。