Hatena::Grouparaistudy

czk-htnの日記

2010-03-13

[][] WindowsXP + Apache 2.2 + ruby-1.8.7 + fastcgi 06:59

最初に

当初 ActiveRuby で fastcgi 環境を作ろうと試みたのですが、いざ fcgi にアクセスしてみると

[Sat Mar 13 20:58:18 2010] [crit] (OS 3)指定されたパスが見つかりません。  : FastCGI: can't start (dynamic) server "C:/app/kagemai-0.8.8/html/guest.fcgi": spawn_fs_process() failed
[Sat Mar 13 20:58:23 2010] [alert] [client 127.0.0.1] FastCGI: failed to connect to (dynamic) server "C:/app/kagemai-0.8.8/html/guest.fcgi": something is seriously wrong, any chance the socket/named_pipe directory was removed?, see the FastCgiIpcDir directive
[Sat Mar 13 20:58:23 2010] [error] [client 127.0.0.1] FastCGI: incomplete headers (0 bytes) received from server "C:/app/kagemai-0.8.8/html/guest.fcgi"

とエラーがでて実行できませんでした。どうやらActiveRubyには fcgi.so が含まれていないのが原因? のようです。fastcgi のコンポーネント構成がどうなっているのか詳しくないので、fcgi.soがないことがどこに不足することにあたるのかは分かっていないのですが、gem でゴニョゴニョするのも nmake が必要だったりと敷居が高いようです。

Ruby (One-Click Ruby Installer for Windows)

RubyのWindows版バイナリは One-Click Installer を利用する。

オブジェクト指向スクリプト言語 Rubyから "Ruby 1.8.7-p249 (RC2)" を取得し、インストーラの指示に従ってインストールする。ただしインストール先は C:\app\ruby に変更した。

追記(2010-03-13)

Rubyのホームぺージにある One-Click版 には fcgi.so が含まれていない。代わりに RubyForge にある"One-Click Installer (old)"(ruby186-27_rc2.exe)をインストールする。


fcgi

fcgiをインストールする前に、gem update --system しておかないとエラーになる。

C:\Documents and Settings\Owner>gem -v
1.3.5
C:\Documents and Settings\Owner>gem update --system
Updating RubyGems
Updating rubygems-update
Successfully installed rubygems-update-1.3.6
Updating RubyGems to 1.3.6
Installing RubyGems 1.3.6
RubyGems 1.3.6 installed

** Apache

*** conf/extra/httpd-fcgi.conf
>|apache|
LoadModule fastcgi_module modules/mod_fastcgi-2.4.6-AP22.dll

Alias /kagemai/ "C:/app/kagemai-0.8.8/html/"
<Directory "C:\app\kagemai-0.8.8\html">
  AllowOverride ALL
  #AddHandler fastcgi-script fcgi
</Directory>
conf/httpd.conf
Include "conf/extra/httpd-fcgi.conf"

NookNook2011/12/24 09:45HHIS I sholud have thought of that!

yhywrdhhwyhywrdhhw2011/12/25 02:06YeVBfB , [url=http://ituynheqbssr.com/]ituynheqbssr[/url], [link=http://yjvzpjljoloe.com/]yjvzpjljoloe[/link], http://eqzmsfdfnfqf.com/

mgltgzhzxttmgltgzhzxtt2011/12/27 01:26hWOFwB <a href="http://cptkfjrngltk.com/">cptkfjrngltk</a>

wsfaimwsfaim2011/12/27 18:353MtRKA , [url=http://xahmnkajsawk.com/]xahmnkajsawk[/url], [link=http://ojsydkippfao.com/]ojsydkippfao[/link], http://zbrfscrujrty.com/

トラックバック - http://araistudy.g.hatena.ne.jp/czk-htn/20100313

2010-01-23

[] Windows2000を再インストールした時のメモ書き 06:54

機器情報

スペック
内蔵HDD8GB
用意するもの

-

インストールしてあるアプリケーション
ドライバ

ファイルをバックアップ

  1. 内蔵IDE HDD(300GB)をUSB変換コネクタを利用してパソコンに接続
  2. [スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[システム ツール]-[バックアップ]
  3. Cドライブの全ファイルを外付けHDDバックアップ(8GBで2時間ほどかかる 1MBytes/sec)

バックアップが終わったらWindows2000インストールメディアをドライブに挿入して再起動する。

再起動後にいろいろ聞いてくるので適当にこたえおけばインストール完了。

インターネットエクスプローラー6へバージョンアップ

IE5.5以上でないと後述のBUFFALO AirStation Managerが使えない。 2009年秋におけるWindows2000のセットアップ - czk-htnの日記 - 勉強会(仮) を参考に作業をすすめる。

  1. Windows2000 SP4をインストール
  2. IE6をインストール
  3. Microsoft Update

無線LAN設定

無線LANを有効にしたいのでBUFFALOのページから airnavilite-1211.exe をダウンロード。実際は他のPCで落としたファイルをUSBメモリ経由でコピー。

EXEファイルを起動すると、ドライバやら接続マネージャやらをインストールしてくれる。AirStation Managerを起動し、AOSSなり手動設定なりで接続を行う。

Microsoft Office2000 インストール

2009年秋におけるOffice2000のセットアップ - czk-htnの日記 - 勉強会(仮) を参考に作業をすすめる。

データ復元

バックアップしておいたアーカイブから必要なデータをリカバリ

その他

あとは細々と

イメージビューワをアンインストール

Windows2000デフォルトの画像ビューワになっているKodak Image Viewerにはセキュリティ上の脆弱性があるので、no titleに従ってアンインストールする。


残作業

トラックバック - http://araistudy.g.hatena.ne.jp/czk-htn/20100123

2009-12-20

[] BootcampWindows XPを動かした時のメモ 06:45

MacBook購入当時に試したときは失敗したけど、今回うまくインストールできたのでメモ。

Windows XPをインストール

Windows XP Home Edition SP2をインストール。

Bootcampをインストール(Apple CD-ROM1枚目)

MacBookの各種デバイスを認識させる。

Buffalo クライアントマネージャ3

cm3-204.exe をダウンロード。無線LANでAirStationのAOSSを利用するため。

Bootcampをアップデート

これをいれないとWindows ServicePack3がインストールできない。

Microsoft Update

Firefox 3.5.6

いれたアドインはこちら。

AVG Anti-Virus

Free Edition

窓使いの憂鬱

OptionキーをWindowsキー、commmandキーをAltキーに割り当てるため。

トラックバック - http://araistudy.g.hatena.ne.jp/czk-htn/20091220

2009-10-04

[] 2009年秋におけるOffice2000のセットアップ 22:50

インストールしたWindows2000にOffice2000をインストールインストールインストールCDから普通に行う。


インストール後はなにはともあれMicrosoft Updateを行う。が、

Microsoftのサイト内を「office 2000 service pack」で検索したところMicrosoft Office 2010 PC、ブラウザー、スマートフォン。すべてより早く快適に。| Microsoft Office 2010を発見。このページからO2ksp3a.exe (管理者用アップデート:72.6MB)をダウンロード。(インストールはまだしない!)

no titleを読むと

重要 : Microsoft Office 2000 SP3 クライアント用更新プログラムまたは Microsoft Office 2000 SP3 管理者用更新プログラムインストールする前に、Microsoft Office 2000 Service Release 1a (SR-1a) をインストールしてください。

Excelを起動して「ヘルプ」-「バージョン」でバージョン番号の右に"SR-1"と表示されていれば適用済み。手元のOfficeには適用されていないようだ。no title にはクライアントアップデート o2ksr1.exe (134KB)があるが、今回は Microsoft Office 2010 PC、ブラウザー、スマートフォン。すべてより早く快適に。| Microsoft Office 2010 から O2KSR1aDL.exe (67.0MB)を用いる。ダウンロードしたファイルを実行するといくつかのファイルが展開されるので setup.exe を実行してSR-1をインストールする。

(...再起動1回目)

次にSP3をインストールする。ダウンロードしておいたO2ksp3a.exeを実行するとやっぱりいくつかのファイルが展開されるので、MAINSP3ff.exeを実行してSP3をインストールする。

(...再起動2回目)

Office2000のSP3以降に発表されたセキュリティパッチを適用する。詳しくはno title。各ファイルにパッチを適用すべきかどうかはファイルのバージョン番号をみれば良い。調べ方は Program Files の下にあるファイルの属性を調べるしかない(「ヘルプ」-「バージョン」-「システム情報」で表示される画面などでは確認できない)。

プログラムビルド備考
WINWord.exe9.0.0.7924
EXCEL.exe9.0.0.8216
VBE6.dll6.4.99.69
snapview.ocx10.0.5612.0標準ではインストールされない?
Snapview.exe10.0.4622.0標準ではインストールされない?
MSCONV97.dll2003.1100.5510.0標準ではインストールされない?
WPFT532.cnv2002.1100.5510.0標準ではインストールされない?
omi9.dll5.5.3186.0標準ではインストールされない?
omint.dll5.5.3186.0
  • VBE6.dll は C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\VBA\VBA6 にある。
  • omint.dll は C:\Program Files\Common Files\System\Mapi\1041\NT にある。

数種類あるがリンク先が同じものも含まれるため、すべてあてる必要があるわけでもなさそうだ。わかりづらい。

トラックバック - http://araistudy.g.hatena.ne.jp/czk-htn/20091004

2009-10-03

[] 2009年秋におけるWindows2000のセットアップ 06:45

インストールインストールCDから普通に行う。VMWare Fusion環境だとシリアル番号入力のところで自動インストールが止まってしまうけど、手入力すればあとは自動でインストールが完了する。楽ちんである。

(起動してしばらく待つとVMWare toolsのインストールも自動で行われる)


インストール後はなにはともあれWindows Updateを行う。行いたいのだけどIEのバージョンが古い(5.0)なせいかMicrosoftウェブサイトを正常に表示することができない。突如エラーが発生してIEが異常終了してしまうことも頻繁にある。

Windows Update は更新のスキャンがいつまでたっても終わらず。Microsoft Updateのサイトにはなぜか辿り着けず(Windows Updateに戻ってくる)。Windows 2000サービスパックダウンロードページにはIEのエラーのためこれまた辿り着けず。・・・八方塞がりか?

Microsoftのサイト内を「Windows 2000 service pack」で検索したところno titleを発見。このページからSP4のダウンロードページを辿ってw2ksp4_ja.exe (132MB)をダウンロード。ウィザードの指示に従ってSP4をインストールする。

(...再起動1回目)

改めてWindows Updateのサイトにいくと「最新の Windows Update ソフトウェアを入手してください」と表示されるので指示に従う。アップデートが完了すると「ブラウザを5.5以降にアップグレードしておくれ」とでるが、気にせず「続行」する。


ちなみにIE5.0だとページを開くときに途中で描画が止まってしまうことが多い。なんどかページをリロードすれば表示できるのであきらめないこと。逃げ出さないこと、投げ出さないこと、信じ抜くこと。


この時点ではまだ(Microsoft Updateでなく)Windows Updateのサイトのまま。Microsoft Updateのページに行き、画面の指示に従っていくつかのActiveXコントロールをインストールする。

Microsoft Updateのサイトが利用できるようになるが、相変わらずIE5.5にしなさいといわれる。IE5のまま高速アップデートを試みるがいつまでたっても終わる気配がない。しかたないのでIEアップグレードに従う。Internet Explorer ダウンロード Web サイト」へ移動してIE8ダウンロードする。8でいいのか?まぁいいか。 Windows2000ではIE7,IE8が動作しないようだ。IE6をどこかから入手する必要があるな。

またサイト内検索してno titleを発見。ここからIE6SP1(ie6setup.exe)をダウンロードする。

(...再起動2回目) 8:10

IE6がインストールされたら三度Microsoft Updateに挑戦。なにか更新が必要なようなので指示に従って更新したらいよいよアップデート開始。

(...再起動3回目)

高速インストール実施。更新プログラム 81個、ダウンロードサイズ 71.8MBってw

(...再起動4回目) 8:40

再度、高速インストール実施。更新プログラム 1個、ダウンロードサイズ 543KB。

(...再起動5回目) 8:43

再度、高速インストール実施。更新プログラム 0個。ようやく完了した。



朝6:30から始めて8:45に完了。所要時間2時間15分(多少のムダ時間あり)。今度は手順がわかってるから効率的にやれば1時間半くらいで終わるかな。

トラックバック - http://araistudy.g.hatena.ne.jp/czk-htn/20091003